めるくまーるトップページへ

Welcome to Merkmal Web (最終更新日) 2019年06月07日

home 白井晟一の建築 品切

白井晟一の建築 I 懐霄館(かいしょうかん)

白井晟一研究所

白井昱磨(いくま)構成

この本は「品切」です。

白井晟一の建築 1 懐霄館(かいしょうかん) 白井晟一 白井晟一研究所 白井昱磨(いくま) 2013.06 品切

白井晟一の建築と思想が改めて注目されている。
新たな解析が進みつつあるなかで、その建築作品の今日的な意味を問う。
シリーズ第一集は晩年の大作「懐霄館」(長崎県佐世保市)の圧倒的な存在感、そして細部までこだわりぬいた建築家の意匠をカラー写真で伝える。
白井昱磨氏解題(<二つの塔・解説「懐霄館>)。


白井晟一(しらい・せいいち)

建築家。1905年京都生まれ。秋ノ宮村役場、松井田町役場、善照寺で高村光太郎賞、親和銀行本店で毎日芸術賞、芸術院賞などを受賞した20世紀日本の代表的建築家の一人。

ヒロシマ、ナガサキの悲劇の経験から生まれた「原爆堂計画」(1955)は核の文明に対する根源的な問いかけとして特筆される。他にノアビル、松濤美術館、石水館、呉羽の舎、虚白庵、昨雪軒などがよく知られる。

書、装丁にもすぐれた業績を遺し、エセー集に『無窓』(1979 筑摩書房、2010 晶文社)がある。1983年没。


白井晟一研究所 Weblog 白井昱磨(白井晟一研究所)Twitter 白井晟一研究所

こんな本もいかがですか?

... 図書出版 めるくまーる
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-11
TEL 03-3518-2003
FAX 03-3518-2004